特別支援教育 22 スパン

 目の前の子どもたちを見て、その課題や解決するべき点なとがわかってくると、当然、それに対して何らかの対応を取り注力するわけですが、
そうなると、その点ばかりに目が行きがちになり、いわば「目が近い」状態になることがあります。

 子どもの実態をとらえる時には、どういうスパンで子どもをとらえるかというのが重要になります。

 それも、単に子どもの様子全体をなんとなくとらえるというよりも、視点を持って、その切り口で子どもをとらえなおしてみる。

 例えば、体調、健康面のこと。例えば、対人関係。例えば、生活環境。

 1日、昨日と今日、一週間、一ヶ月、一学期、一年、数年、5年以上、生涯、いろんな期間があると思いますが、
それぞれのスパンで考えてみると、目の前にいる子どもの姿が捉え方の視点で違ってみえるように思えることがあります。

 こうした多面的な子どもの捉え方をておくことは、指導者側としては、どういう表現がいいだろう、ある「余裕」のようなものを持っておくことにつながると思います、感覚的に言うと。

 個別の指導計画の中では「短期目標」「中長期目標」を記載するようになっている場合が多いかと思いますが、これらは基本的にはつながっているものであり、当然「こうなってほしい」という多くの人の願い、あるいは本人自身の「こうなりたい」という願いを反映したものであるはずです。

 それを大きな誤りなく設定するためには、やはり、様々なスパンで、その子にあった視点、切り口で、子どもをとらえなおしてみることが必要であり、重要だろうと思います。

特別支援教育 22 スパン” に対して3件のコメントがあります。

  1. ボチボチ より:

    成程
      教育は、難しいですね。成程です。

  2. コパン より:

    こんばんは(^^)
    急にコメントしてごめんなさいm(_ _)m
    私は、高校3年生で特別支援学校教諭を目指しています。
    特別支援学校教諭に目指すにあたりアドバイスなど是非教えてください!!!
    お願いします!!!

  3. 伏見の光 より:

    幅広くいろんな経験を
    コメントありがとうございます。
    高3でもう具体的に考えているのですね。
    大学もこの方向で考えているのかな。
    うちの娘も高3ですが、そこまで考えていません。

    このブログで「特別支援教育」のカテゴリーを選択すれば
    書いた記事は見られると思います。
    最近は特別支援学校も外部のポランティアを受け入れている
    ことがあると思いますし、学校以外でも放課後支援などの
    事業をしているところがあるので、そうした場に参加するの
    もよいですね。
    ただ、学生の間は、sportでも音楽でもなんでも、
    いろんな経験を幅広くするのがいいし、それが将来にも生きる
    と思います。
    頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です