上級国民/下級国民 (小学館新書) 橘玲

図書館本。いつもの橘玲さんの本という感じ。著者とはほぼ同世代です。

一般にはあまり知られていない著作、論文等のエッセンスを抜き出して、自説に合うように論理を組み立てる構成は著者が得意とするところ。

なるほどと思わせるところが多いが、読後にどこかに論法上の詐術があるような気にもなるという読後感もいつもと同様です。

よく思うのは、著者の言う対応方法に適応できる人はいいんだろうけど、多くのそうではない人はどうする?ということ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です