7638NEW ART HOLDINGS 当然の疑問 ヘルス&ビューティー事業

7638NEW ART HOLDINGS 当然の疑問 ヘルス&ビューティー事業

決算短信記述

ヘルス&ビューティー事業については、決算短信で以下のように記述されています。

「② ヘルス&ビューティー事業
当連結会計年度におけるヘルス&ビューティー事業の売上高は29億5百万円(前期比4.7%増)、セグメント利益は1億34百万円(前期比80.6%増)となりました。ヘルス&ビューティー事業につきましては、売上の拡大とともに収益体質の確立に向け、WEBマーケティングの強化、来店誘致戦略の見直し、顧客層の見直し、既存顧客へのアプローチ強化、化粧品事業の強化等の施策を継続的に実施し、その成果として前期比大幅増益を計上することができました。2020年4月末における国内店舗は25店舗、海外店舗は2店舗であります。」

疑問

ここからは以下のような疑問が・・。

・国内のヘルス&ビューティー事業の市場規模、各社の占有率。

・関連各社の売上、利益、利益率。その違い、特徴。

・ラ・パレルの利益率は業界の中ではどうなのか?。これでも前年比ではかなり改善はしているが、その理由は?。

・業界の課題は?。
コロナで来客数は激減?。雇用確保、有能なスタッフの確保。人手不足傾向?。人件費は高騰?。
広告宣伝費が高い?。口コミ。リピーター。ブランド確立は手立て?。

・海外、アジア等の状況は?。

・ブライダルジュエリー事業とのシナジー効果はある?、ない?。

ここはブライダルジュエリーがベースなので、基本的には海外展開も含めてベースの事業の着目していますが、足を引っ張らない範囲でいけるのなら、エステも悪くはないのかな。というか、ここはM&Aで取り込んだ事業だと思いますが。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です