「リログループ、今期最終は44%増益へ」って、そういうことではないっ!(^_^;)

ということで、決算発表でしたが、タイトルは「株探」の見出し。あのね、そういうことじゃないでしょ。

でかい特損

それなりに予想されていましたが、海外子会社の特損が90億以上に。

「新型コロナウイルス感染症の拡大の影響などにより、世界経済が縮小し、人の移動が制限されていることから、BGRS Limitedについて、将来収益獲得能力等を保守的に勘案し今後の事業計画を見直した結果、のれんについて帳簿価格を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上することといたしました。これに伴い、減損損失9,504百万円を計上したことなどから、税金等調整前当期純利益及び親会社株主に帰属する当期純利益について、期初予想を下回る結果となりました。」

直近3ヶ月、59.5億円の赤字(前年同期は38.9億円の黒字)に転落

最もこのコロナ云々が直撃のところですが、この状況です。

年度でも、トップラインは伸びているのに、利益はかろうじて営業利益、経常利益でわずかに過去最高は更新しているものの、伸びてはいません。

意地?の増配

「当社グループは、株主の皆様に対する利益還元を経営における重要課題の一つとして捉え、30%前後の配当性向を目安に連結業績に連動した配当とすることを基本方針としております。この結果、2020年5月22日付で公表しております「特別損失(減損損失)の計上及び通期業績予想と実績との差異に関するお知らせ」のとおり、前期に計上した減損損失は一時的な損失であるため配当金の決定においては加味せず、減損損失を除いた親会社株主に帰属する当期純利益と配当性向の方針に基づき、1株当たり29円することといたしました。なお、当期の配当をもちまして、17期連続増配となります。」

業績予想、出すことは出しました

どこまであてになるのかわかりませんが、まあ、厳しい数字です・・・。

「」内及び画像は会社サイトのリリースからの引用です。

ここは防衛的意味も含めて、ここのところ売っていた銘柄ですが、目先、PFへの悪影響は避けられないというところです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です