来週の方針(1) PFの状況、ようやくIPO

PFの状況

今週は月曜から水曜は上昇、木曜と金曜は下落ということで、全体としてはややプラスでした。

下記のような形で、じわじわと戻ってきているというところです。

日本株は現状てべ昨年末からちょうど10%下落という水準になっています。まあ、指数が5ヶ月弱で10%程度下落するのはごく普通ですし、それぐらいのところまでは戻ったということになります。なんでこう戻っているのかは、まあ相場はいつだってよくわからないですが、さっぱりわかりません。

全体として新興市場の戻りが急なので、個人投資家の場合、日経平均やトピックスの指数よりもましになっている場合が多いのではないでしょうか。私のPFは、わりと「普通」の銘柄、時価総額1位のトヨタとか2位のキーエンスとか、の比率が多くて、新興市場銘柄、とりわけマザーズ市場の銘柄は少ないので、一気に戻すようなことになってはいませんが、それでも指数よりは4%ぐらいはましになっているようです。

それに対して、REITの方はじわじわと戻してはいますが、今日の日経の記事にもあったとおり、戻りが鈍いです。分配金ははいってきていますが、下落分を補い切るようなことにはなっていません。全体として550万程度のマイナスです。

個別ではリログループをちょっと売って、あとはいつものエスプールとかジャパンベストレスキューシステムとかエランなどを細かく売買しています。

売り買いどちらか一方に傾くことがないよう、PFの入れ替えであれば、売却相当分は買うような形にしています。

来週ですが、とりあえず、特損、減益のリログループがどうかです。PTSはむしろやや上昇しています。

あとは100株10万未満の銘柄を細かく買っていくかもしれません。ま、値動きについていく形でぼちぼちといきます。

ようやくIPO再開

IPOについてはようやく新しい銘柄、復活銘柄が発表になりました。

関わっては日興の信用ポジジョンをとっておかないといけません。現在はジャパンネットバンク口座には1,000万強の資金があります。週末のところで、また資金を集中して日興にまわし、信用のポジジョンを設定してステージの維持、上昇を狙うということになりますが、日興のポジジョンとしては

03月末時点12,196,800円

これだけで、4月は大和に資金を集中して「4口座 来年3月まではプラチナ設定」を優先しましたので、まったく信用残高はなし。

となると、ここでまた放置では、現在のシルバー維持すら困難になります。まあ、多分、4,000万程度のポジジョンは設定できるでしょう。もともと、5月は優待閑散期のため、月末に現金はこの日興のポジジョン設定に利用するつもりでした。6月の優待クロス用に各社に資金をあまり散らさないようにして、ちょっと資金を集中しておきましょうか。

ただ、それをしたところで、ゴールドへの復帰は月平均3,000万が悲痛よですから、5月末で7,800万のポジジョンはちょっとと無理です。6月は優待銘柄がそこそこあり、まったくポジジョンが撮れないわけではないですが、大きな資金を月末にもってくるのは難しそう、というか、それはしない。7月は優待閑散月なので、ここで一気にポジションを稼ぐようなイメージでいきましょうか。

IPO銘柄のブックはまだなので、またそれは順次検討しますが、基本的にはこれまでと同様、ネットでブックが入るところは全参加するような形にするかと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です