1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術

図書館本。今日、借りてきたところなので、まだ最初しか読めていないですが・・・。

私自身はいわゆるビジネス上のプレゼン的なことはしたことがありません。

自分が実践してきたこととか、個別の事例などをまためて報告するような機会というのはわりとありましたし、そうしたものをまとめる作業はわりと好きでした。

短時間で本質をとらえて相手に伝えるような話し方というのは確かに大事かなと思います。

これは投資にも活用できそうです。

自分が投資している銘柄について、1分間でその概要や魅力をまとめて知らない人にわかるように伝えられるでしょうか。

1分って、何文字ぐらいいけるのかな?。

例えば、

4082第一稀元素化学工業

「第一稀元素化学工業はジルコニウムという素材を専門に扱っている会社です。

現在、この用途は自動車排ガスの触媒用が中心ですが、今後は燃料電池や全固体電池などへの広がりが期待されています。

他にこの素材を専門的に扱う企業はなく独自性があります。

原材料調達は中国への依存を避け、ベトナムでの事業を重視して取り組まれています。

株価は800円程度でPERは10倍以下、割高感はなく、100株でクオカード2,000円の優待もあります。

事業内容の独自性や今後の可能性を考えるなら、PFに加えてもいいかと思いますが、いかかでしょう。」

これでしゃべると1分ぐらいでしょうか。うーん、説明的でインパクトが弱いかな・・・。

こういう練習をしてみるといいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です