新車購入交渉本番(4)スズキ・スペーシア VS OEM マツダ・フレアー VS ダイハツ・タント 

スズキ販売店からのFAXが来ました。さて、価格はどうでしょうか。

名目上の値引き額はともかく、支払総額の数字としてはかなり頑張ったものにはなってきました。店長などとも相談した結果ではあるでしょう。

が、同じケンウッドのナビだと4万円弱程度、マツダの方が安いです。かつ、マツダはドアエッジモール、ナンバーフレームといった細かいオプションをつけていますが、スズキにはそれは入っていません。

そして、マツダは車検までの点検代やオイル代金等は無料というメンテパックがついてきます(そのかわり、車検などはさせてということ)。これらを総合すると、現段階で7万円分程度はマツダが有利になっています。

書類上、マツダとスズキの違いは下取り車の価格で、マツダが20万に対して、スズキは15万円しかつけていません。値引きとして計上するか、下取り額加算の形をとるかは書類上の操作というところもありますが、結局、この下取りの価格差分プラスαが、マツダとスズキの価格差になっています。

スズキはFAXではここまでで、あとはまたお店での相談でと言っていました。多少の条件の上乗せはありそうですが、マツダとの差を埋めてさらに有利な条件まで至るかどうかは疑問というか、ちょっと難しそうです。

なお、つきあいのある整備工場には、点検代無料などは含まず、支払額で165万以下にならないとメリットがないということを伝えて検討してもらう予定です。

ということで、そろそろ終盤です。水曜はスズキのディーラーはお休みなので、木曜にまた話に行くかもしれません。

続報を待て。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です