スバル・LEVORG カタログ到着

こちらからは頼んでいないですが、販売店の方からカタログが届きました。

やはり、なかなかよさそうです。

次期の新車候補、まずはマツダのCX-30、続いて、スバル・FORRESTERとこのLEVORGというところでしょうか。

マツダとスバルは規模的にも似ています。メーカーとしてなにかとがったところ、傑出した独自性がないと埋もれてしまいそうですが、うまくいけばちょっとしたプレミアムブランドに育つかもしれないというところもあります。今の特徴はマツダはデザインとディーゼルやスカイアクティブXなどの内燃機関エンジンのつきつめ、スバルはボクサーエンジンとアイサイト、AWDの老舗といったところでしょうか。マツダはロータリーエンジンも持ってますが、今は市販車はないですね(亡くなった父親が最後に乗っていたのがRX-8でした)。

こちらに価格ドットコムの新車注目ランキングがあります。LEVORG、FORRESTER、CX-30、いずれもベスト10に入っていてるのはなんとなく納得できます。LEVORGはまた機会があったら試乗させてもらいましょう。

それははいいんですが、レボークは最上級のSTIの高いものだと、本体価格だけで400万しますね。既にこれは「高級車」の域ということでしょうか。個人的には400万を超えるとそういう感じになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です