オークション、落札数が激減 パイプラインが枯渇ぎみ

オークション、落札数が激減 パイプラインが枯渇ぎみ

今月のオークションの方ですが、落札金額の合計は5.5万円ほどです。落札数がここまで20ちょっととなっており、前年同月が60程度だったことと比較すると、激減といっていい状況です。

今月はマクドナルドやアルペンなどの優待の売却がありましたが、金額も前年同月は10万以上となっています。

優待関係はまだいいのですが、それ以外のところでの出品が大きく減少しており、それが落札数、落札金額の減少につながっています。

私自身と奥さんの方と、両方の実家の不要物の出品をこのところ続けてきましたが、それも一段落して、現在はこの関係での新規出品がほとんどない状況です。それに加えて、コロナ禍によって、地域で開催される各種バザーがまったくない状況となっており、例年、これらの場で書籍やDVD、CD、ゲームソフトなどを仕入れて、自分で活用しつつ出品もするようことをしていましたが、これがまったくできません。

ということで、出品のパイプラインがほぼ枯渇した状況となっています。

結果、現在の出品数は65程度となっており、しかもそのほとんどが長期に出品をしていてもほとんど入札がない長期収載品が多くなっています。当面、この状況に変化はないと思われます・・・。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です