またも、やらかし・・・ 楽天トラップ 大口適用になっとらんがな・・

ということで、またもやらかしておりました。

楽天ですが、大口適用の期限が10月末までだったので、10/21にクロスで3,000万以上のポジジョンをつくり、大口適用を延長したつもりでした。

で、実際、下記のとおりに達成・・・・、したつもりでいましたが・・・。

売買記録を見ると、あら、11月分は10万円未満の約定でも手数料が計上されている。

なんでや?。ということで、メールで問い合わせ。すぐには返信がこないので、9:30頃にサポートに電話。20分くらいでつながるものの、オペレーターさんでは信用取引の売買について回答できないので、折返し担当から電話するとのこと。ここから1時間半程度経過して電話。

結果としては、以下の状況が適用になっており、途中経過的には条件達成だったが、15:30段階では3,000万の信用建玉残高はなく、新規建玉では3,000万に達していなかったので、条件適用になっていなかったということが判明・・・。

【日次判定条件】

「15:30時点の信用建玉残高」は、取引時間中に条件を達成しても、15:30時点で3,000万円以上の信用建玉がないと達成できません。
引け後の15:00から15:30までの間に信用建玉を現引された場合は、信用建玉として計算されません。
今月の信用新規建約定金額合計の判定期間は、前月26日~当月25日です。
日時判定条件を達成された方は、翌営業日取引分から大口優遇が適用されます。

上記の「取引時間中に条件を達成しても、15:30時点で3,000万円以上の信用建玉がないと達成できません。」のところです。そういえば、これまでは新規で5,000万という形にしていました。今回は既に神戸物産などの信用ポジジョンがあったので、そこに加算する形にしたので、いつもと違いました。確かにこれ、記載はあるのですが、画面では場中でも大きく「達成!!」と出てしまうので、あ、これでOKねと思ってしまいがちなところがあるかと思います。ということで、表示方法をもう少し改善するように要望しておきました。

ということで、これは、あらためて大口適用になるようにしないといけません。が、現在は大口適用ではないため、信用取引は手数料がかかってしまいます。

まあ、手数料もそんなに大きな額ではなく、その負担をしても大口適用にしておくメリットはあるのでそうしますが、1日信用を持ち越して強制決済になり高い手数料を支払うのと同様に、本来は負担する必要がないコストを不注意で負担するというのは、自己責任とはいえイラッとするところはあります。

皆様もご注意くださいね。

あ、上記の売買記録にある7638NEW ARTは本日の寄りの636円で売っています。ここはわずかに含み益となっている銘柄です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です