ロストパラダイス・イン・トーキョー

WOWOW撮りだめを鑑賞。少しずつ見ています。

「知的障害者の兄と弟、そしてデリヘル嬢の奇妙な同居生活を通じて、社会の軋轢と希望を描く」っていうこなんだけど、まあ、なんというか、染みる作品です。

誰でもあれこれ抱えているわけで、その中で生きていくのは大変だけど、でも、いいこともあります。白石和彌の長編監督作品デビュー作。内田慈(うちだちか)さんという女優さんの存在感がすごいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です