来週の方針(4)書籍等

図書館本関係、現在手元にあるのは下記。

半沢直樹は私はすでに読了しております。

今は「最も賢い億万長者」を読んでいます。どうも、この数学者さんたちのハイパフォーマンスの本質というか源泉のようなものは伝わってこず、経過のうわべをなぞっているだけというような印象です。

「適応的市場仮説」はまだ手つかずで、次に取り掛かる予定です。

予約中のものは以下。上から予約した順番です。ここにはリクエストしただけのものも含まれていて、必ずしも購入してくれたり、他の図書館から借りてくれたりして実際に借りられることが確定しているということではないですが、借りられる可能性はかなり高いです。まあ、私は全市民の中でも図書館使い倒し度ではかなり上位になっていると思います^^;。

最期の2冊はどうだろう、買ってくれるかな?。

あと、購入したものでは中国株ニ季報をパラパラ見ています。

四季報の中国株版のようなものです。中国株は、万科企業をはじめ、銀行、保険等々、いくつかの銘柄をじっと保有しています。株価もろくにチェックせずほぼ放置しており、中には時価でわずかに含み損という銘柄もありますが、配当を含めれば全銘柄、損失は出ていないと思われます。万科企業に加え、平安保険、LinkREITなど10倍以上に育っているものもあります。

日本の四季報と同様、やはり保有銘柄のところをまずチェックしてしまいます。あと、パラパラと見ていると、色々面白かったりすることもあります。全然知らない企業も多いですから。

リアルのセミナー関係は実施されるものも少ないですし、あってもこの状況なので出席を自粛しています。1月はシステム ディとジェイ・エス・ビーの株主総会があって、できればどちらも出席したいところですが、思案中で、これも状況を見て判断ということになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です