超実践! 順張りスイングトレードの極意;損小利大がどうしてもできない人のために

図書館本。これはリクエストしたら買ってくれました。

表紙だけ見ると、テクニカル系のご都合本のような印象がありますが、中味は長い経験のあるトレーダーが、その経験やその中で培われた感覚をもとにして、トレードについての具体的な留意点や価値観、相場哲学などについて記述した内容となっています。

字数はそんなに多くなくて読みやすいです。全般に、体系的にまとめられた内容というよりはエッセイ的な印象があるものですが、書かれている内容は、トレーダーとして至極当然であり、納得できることがほとんどです。

私自身はトレーダー的売買は主戦場にはしていません。サブ的に利益を積み増しできればいいかなというぐらいの感覚での売買が多いです。直接、本書の記述があてはまりやすいと感じたのはIPO初値買いスキャルピングの売買です。この売買はあらかじめ損失が生じることを前提として、「うまく負ける」ことが重要なトレードですので、そのあたりのことが本書の内容とよく重なっていたように感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です