流浪の月

図書館本。

2020年本屋大賞受賞ということもあってか、予約が多くてなかなか順番がまわってきませんでした。というか、だから予約してみたのですが・・。

物語は、少女誘拐事件の「被害者」と「犯人」の物語。

人と人とのつながり、関係性というのはなかなか難しく、面白いもので、それは当事者同士でしかわからなかったり、場合によっては当事者同士ですらわからなかったりするもの。

それらを単純化して整理したり、類型化したりして「理解」したつもりになることは、時には意味があり有益な場合もあるかもしれませんが、まったく的外れな場合もあるでしょう。

本作で描かれるのは後者。なかなか「しんどい」お話でした。二人におだやかな日々が続くことを願います。

映画化は、うーん、高橋一生とのんでどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です