MR

図書館本。

医薬品業界版「半沢直樹」的雰囲気もあり、厚みのある本ですが、どんどん読めてしまいます。

序盤、話が細切れすぎる印象もありましたが、だんだんと他社との争いや社内の争いに話が焦点化していきます。最終的に水戸黄門的勧善懲悪であっさりと終わらないあたりもよいです。

なお、私自身、家族性高脂血症でずっと薬は飲み続けることになると思います。そういえば、診断や手術をしてくれたドクターへの感謝というのはあっても、効果のある薬をつくってくれた製薬会社への感謝というのは感覚的には薄いですね。

投資の方では武田とアステラス製薬の株主です。これ以外も少しずつ、広い意味での医療や介護等の関連の銘柄を意識的に組み入れるようにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です