来週の方針(1)PF

今週のPFの状況は下記のとおりで、木曜日の上昇で日本株、リートとも年初来高値を更新。週末はこれをほぼ維持して高値引けとなっています。

ただ、昨年末からの上昇は日本株については10%未満で傑出したパフォーマンスにはほど遠いです。そもそもそういうところをめざすような運用でもないですが。

全体としては健闘している方だと思います。

PFは全体としてはごく「普通」の大型株の占める比率が高いです。そこが幹的になって、パラパラとあれこれの小型株などの枝葉が伸びる、そんなPFでいいと思っています。

個人で高いパフォーマンスをあげている方は早い時期から小型株への集中投資が多い印象がありますが、それは「残存者バイアス」、たまたま勝ち残った人が目立っているという面もあるかなと思いますが。自分自身の場合は、インデックスファンドと小型株集中投資の中間的なイメージで運用しています。

今週はPF銘柄の個別ではやはり7203トヨタ自動車の上昇が目立ちました。ADRでは9,990円と1万円目前まで株価は迫っています。トヨタについては「株式の銘柄としては「フツー」すぎるのかもしれませんが、まあ世界でもトップ、国内では最強かつ中心となる自動車メーカーであることは確かで、株式投資でもこれを主力銘柄の一つとするのは納得できるところ」という見方です。9月には1:5の分割が控えていますので、その後は株価の動きに合わせて細かく売買していく形にする可能性が高いです。とりあえず来週、株価1万円を見たいですね。

あとは週末に4082第一稀元素化学工業が上昇しているのが目立ちました。なんだろうな、現在の主力は自動車触媒用のジルコニウムの需要でそこが急回復してきているというベースの強気材料があるところに加えて、材料性としては燃料電池とか全固体電池の用途の拡大というところもあるかと思います。

こちらに経営理念が載っています。意味はわからないでもないけれど、昭和っぽいというか「その大半を過ごす職場」というところは今の時代にそぐわないところもあるかと思います、会社自体、リモートの環境での仕事環境の整備などもすすめているようですし。株価の方は予想PERが20倍超になってきました。300株しかないですが、売り上がりを基本に考えてもいいかなと思います。

他にも味の素とかセブン&アイとか普通の銘柄で高値更新となっているものも多いです。

下落している方では4936アクシージアの買い戻しなどを検討。あと、7747朝日インテックが安いです。事業内容を評価しており、今の所はここは普通にキープをしておくだけです。

PF全体としてはここから上はじわじわと売っていく形を基本に考えます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です