生保 定期・終身保険 個人的にはほぼ役割を終える

生保のおばちゃん、年に一回の定期訪問。

今の生保はこれだけです。終身については、あと5回で払込終了となります。亡くなった時に230万ということですが、一時金125万程度の受け取りも可能です。

若い時は、家族の生活保障等の意味で、定期保険も意味があったと思いますが、既にその意味、必要性は薄いです。賃貸住宅建設時のローン設定で団信がついていますので、これが定期保険代替になっているところもあるため、既に定期保険は解約しています。

額は大したことはないですが、医療関係の特約についてここ数年で何度か給付を受け取っています。ここの部分はそれなりに意味はあるかと思います。ちょっとした入院があっても、この給付と国民健康保険の高額医療費保障で、実質的にはほぼ支払いなしでいけたりすることがありました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です