IPO 4071プラスアルファ・コンサルティング 初値予想とセカンダリー

IPO 4071プラスアルファ・コンサルティング 初値予想とセカンダリー

4071プラスアルファ・コンサルティング

公開価格2,300円

初値予想
F社  2,500円
K新聞 3,500円

コメント

さて、これはかなり初値予想の水準に隔たりが出ましたね。

前者はここのところのIPOマーケットの急速な地合い悪化を警戒して、初値水準を以前よりかなり切り下げています。

一方、K新聞は海外売り出しが半分程度を占めていて、海外投資家の参戦が見込まれることを重視し、需給面への大きな不安はないと指摘。

どっちの予想がどうだかわかりませんが・・・。別に当たった方が偉くて、はずれた方はだめということでもありません。いろんな視点とか見方があって当然で、それで売り買いが成立するわけですから。

ただ、直近のIPOマーケットは、夏は終わって、既に秋の気配という雰囲気ではあります。まず、初値買いの資金そのものの規模が細っています。また、初値がそこそこだった銘柄は、初値形成後にはそれを維持することができない銘柄が多いです。逆に初値が事前予想よりもかなり低い水準だった銘柄にそれなりに見直し的買いが入ったりしているように見えるところもあります。

初値買いについては、こうなると私自身も控え気味になっています。明日もでかける予定なのでスルーになりそうです。

まあ、IPOマーケットはこういうことを繰り返しているので、地合いが短期で大きく変化すること自体は普通のことです。ただ、個人的にはポイントぶち込みで取ったBCCが控えているので、あまり冷え込んだ雰囲気になってほしくはないですけど・・・。

IPO 4071プラスアルファ・コンサルティング 初値予想とセカンダリー” に対して5件のコメントがあります。

  1. はる より:

    たしかに資金入りませんね!
    盛り上がりにかけます。

    ちなみにIPOマーケットの夏が終わり、秋の気配とはどんな例えでしょうか?

    栗拾い、落ち葉拾いのイメージでしょうか?

  2. 伏見の光 より:

    >夏が終わり、秋の気配
    海からだんだん人が去っていって、いつもいるサーファーだけになっていくような感じでしょうか。

  3. はる より:

    そういうことですね!

    閑散とする感じですね!
    よく分かりました。

    多少IPOの見直し買いあるかと思いましたが、
    上場銘柄多すぎなのと、割高水準のものもあり、
    どちらかというと好業績な一般株に資金が流れそうな気もします。

  4. はる より:

    アルファ一応セカンやってきました。

    2000円台はVC売りもないので、素直に撮れました。

  5. 伏見の 光 より:

    それはGood!。
    やはり、とりわけ最初は、需給要因とか重要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です