本日試乗 CX30 XD LPackage

FFのモデルですが、本日、アクセラの6ヶ月点検に合わせて試乗してきました。

○スタイリング

今日の試乗車のホディカラーは白でした。白はこの車としてはあまり好きではないですが、全体としてスッキリ感のあるスタイリングで、まとまっているという印象は変わらないです。

やはりトヨタのなんだがギクシャクした感じのするデザインよりはずっとよいです。MAZDAは「魂動」デザインで、どの車も印象が同じになってよくないという意見もありそうですが、まあ、MAZDAとしてのアイデンティティという意味で各車のデザインに共通性があるのは悪くないと思っています。

◎運転感覚、操作性

SUVといってもそんなに車高が高いわけではなく、ハッチバックのアクセラから乗り換えてもほとんど違和感はありません。それれでもややアイポイントは高くなるので視界は悪くないです。

サイズ的にはアクセラに近くて、大きすぎるということはなく、運転はしやすいです。ボディがガッチリしており、コーナーでもロールは少なめで足回りはしっかりしている印象です。やや硬いところがあるのかもしれませんが、私は好みです。コーナーをスッスッと気持ちよく走り抜ける感覚はベクタリングコントロールという機能が効いているのかもしれません。

ハドルシフトで変速してみましたが現在のアクセラで同様の操作をした時よりもショックは少なくスムーズ。全般に運転感覚はかなりよいです。

○動力性能

アクセラの2.2Dと比較すれば、1.8Dですから同じだけの力は出ずに相対的に「非力」感はなお感じました。が、普通に走るには必要十分で、加速感も自然な感じ。一般的な意味ではトルクも低回転からしっかり出ておりパワフルな感じです。静粛性が高くなっている感じがしました。実用燃費はわからないですが、軽油ですので価格そのものがプレミアムはもちろんレギュラーガソリンよりもかなり安いです。長距離運転になれば、この価格差が維持費に影響してきます。年間1,000リッターで価格差が25円/リッターとすれば年間で2.5万円、5年では12.5万円の差ということになります。

△室内空間等

全般に内装の質感も高くマイナスポイントが少ないいいクルマだと思いますが、サイズ的にアクセラと変わらず全長はむしろ短かったりもするので、後席については多少着座位置が高くなっていることによる視界のよさはあるのですが、そんなに広い感じはありません。まあ、大人4人が普通に乗れますし頭上空間はそこそこあるのですが、前後の幅の余裕はそんなになく膝前空間も広いというほどではないです。

荷室もそれなりに容量はあり、後席のシートバックを倒せば相応に広い空間はできますが、これだけでは足を伸ばして寝っ転がることは、体を少し斜めにしないとできません。

ちょっとこの後席と荷室の空間が狭めなのがマイナスといえばマイナスポイント。ゴルフヴァリアントはこのあたりがかなり違うと思われます。

さて、次は8月中旬にレボーグSTIに乗れるかな。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です