本日試乗 HONDA VEZEL 運転はしやすいが・・・

今日はHONDA VEZELの試乗をしました。HONDAとしては売れ筋のSUVで、わりと最近にフルモデルチェンジで新型になったものです。グレードはZというもので、ハイブリット車になります。

さて、これはどうだったでしょうか。

良かったところ

・着座位置はやや高くて前方視界がよいというぐらいで、現車アクセラから乗り比べても違和感はありません。周囲の視界もよく運転はしやすいかったです。

・後席は足元空間にもかなり余裕があり、荷室は後席のシートバックを倒せばかなり広く足をのばして寝転ぶことも十分可能かと思われました。これはよいです。多人数乗車でも空間には余裕があり、荷物もたくさん積み込めます。見た目以上の広さです。

・加減速はスムーズで、運転に違和感があったりすることはなく、静粛性も相応に高かったです。踏み込んだ時の加速感も爽快とまではいきませんが、悪くもなかったですね。

良くなかったところ

・まずこの車は納期がかなりかかります。10月に契約しても、普通のグレードでも納期は春ぐらい、PLaYというスカイルーフを設定したような別のグレードだとさらに遅くなる可能性があるということです。別にいつまでに必ずどうしなければいけないという期限があるわけではないですが、納期が長いのはマイナスポイント。

内装の質感は高いとまでは言えません。黒を基調として落ち着いた内装ではありますが、プラスチックの感じが目立つようなところもあり、CX30との比較ではここは負けています。

・シートは電動ではなく、手動です。電動のシートの車に乗っていると、それが当然のように感じてしまいます。まあ、手動でもいいといえばいいんだけど、ここもマイナス。

・シートが少し柔らかめかな。もうちょっとカッチリした感じがよいかと思います。このあたりは好みの問題ですが。

・最大の問題は走行感覚で、サスペンションにしまった感じがなく、通常の走行でも上下の動きが感じられて個人的には柔らかすぎると感じました。また、ハンドルも俊敏さがなく、遊びがちょっとあってややだるい感じ。このぐらいの方が一般的で扱いやすいのかもしれませんが、CX30とLEVORG STIのあとだと、どうしてもだるく感じてしまいます。ここは残念。好みではない。

・走行モードはスポーツ、ノーマル、ECOと切り替えられるのですが、つまりはエンジンとギアの関係でスポーツモードは高回転まで低いギアで引っ張る、エコだと逆というぐらいのことで、サスペンションとかハンドリングなどにまで違いが出るLEVORG STIのそれとは全然違います。

この車は、走りにふった車ではなく、ファミリーとか大人4人ぐらいが、荷物をあれこれ積んで楽しくちょっとおでかけしましょう、扱いやすいから普段使いにもどうぞ、はやりのSUVの雰囲気も十分ですよ、そういう車だと感じました。であれば納車にはかなり期間がかかるけれどパノラマルーフもあるPLaYのグレードを選択するのがよいかなと思いました。

評価としては、なんというか「普通」です。別に悪くないですが、とがったところとか、突出した良さはないし、運転感覚に鈍さを感じるところがよくないです。納期が遅いこともあり、多分、この車が最終の候補に残ることはないでしょう。ただ、試しに見積もりは取ってみるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です