今年最高の紅葉に出会う(3)海住山寺・笠置寺

笠置寺に向かいます。木津川を渡って、町中の細い道から山の方へあがる細い道路に入ります。一車線で離合困難な場所も多い道で、対向車が来たりすると面倒ですが、たまたま対向車には出会いませんでした。

奥から回り込めば道幅の広い道路から山上の駐車場まで行くこともできますが、そこそこ距離はあります。

笠置寺は山全体が境内になっており、巨石が多く、磨崖仏も残っています。大きなお堂などはないですが、天平以来の歴史があり、南北朝時代には騒乱の現場にもなり、後醍醐天皇も立ち寄っているということでした。

巨石群はちょっとこのあたりではあまりない独特の景観となっています。

拝観料を払って境内に入ると、いきなり、様々な色が混じり合ったような紅葉です。

もう少しすると、さらに赤い色が強くなるのかもしれませんが、緑から赤までが混じり合ったこの感じもきれいです。

数は少ないですが銀杏の木もありました。

 

山内に進み入ります。

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です