ゆずみたいなの 隔年成果

自宅の下の川沿いにある柑橘類の木ですが、今年はたくさん実がついています。柑橘類は隔年成果といって、たくさん実ができる年と少ない年が交互になったりすることが多いようですが、この木もそうです。

ゆずみたいにゴツゴツした感じではないですが、夏みかんとも違う、ゆずもどきというのかな、これは。

これは炭酸水にしぼるなどして使っています。甘みは少ないですが、すっきりした味で飲みやすい。お酒が好きな人なら酎ハイに絞るのにもよいと思います。

ゆずみたいなの 隔年成果” に対して4件のコメントがあります。

  1. sana より:

    こんにちは。
    いつも参考・勉強させてもらってます。
    こちらの柑橘ですが、最大で4cmくらいではないですか?
    なんとなくスダチではないかと思うのですが。
    樹に鋭い棘があればかなり確度が上がるかなと、無い種類もあるので確定ではないですが。
    スダチは流通するものは緑ですが、放っておくと黄色になり、風味が薄まって酸味系の果汁になるのでスダチっぽさは薄くなります。
    ちなみに、柑橘類の隔年性は結実時か開花時期に適宜間引けば毎年実るようになりますよ。

  2. 伏見の 光 より:

    大きさは握りこぶしより少し小さいぐらいです。温州ミカンよりやや大きいぐらいですから、4センチよりは大きいですね。棘はあります。スダチよりも大きいように思いますが、よくわかりません。
    >結実時か開花時期に適宜間引けば毎年実るようになりますよ。
    なるほど。我が家で植えたものでもなくほったらかしになっておりますが、やはり手をかけるといいのかもしれませんね。

    1. sana より:

      確かに全体にそこまで大きいと多分スダチではないですね。
      スダチも放置しているとある程度大きくなるものもありますけど。

      甘みが少なくて実を食べる感じの風味でなければ、再来年?に一度緑の実を絞って醤油で割ってみると良いポン酢の代用になるかもしれませんよ。

  3. 伏見の 光 より:

    少ない時もまったくできないわけではないので、来年してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です