GFC淡路・住箱と播磨灘の夕暮れ(3)

浜に出てみます。海は播磨灘、向かい側には小豆島があります。

穏やかな海、この日は気温もそこそこ高く1月末としては暖かかったです。

空が青く、気持ちいいです。

南側の山上には風力発電の羽根が見えます。あの山の向こうはもう鳴門です。

松林の中、木の本数が多く、幅もあります。長さも2キロ以上。ただ、この松林の中は、かなりゴミが目立ちます。写真ではわかりませんが、散乱というほどではないですが、海の方からとんでくるのか、普通の家庭ゴミがあちこちに見られます。ここは瀬戸内海国立公園に指定されている場所だと思うのですが・・。

枝が複雑に伸びた木。かなり大きな木も多いです。

竜がのたうつように枝が伸びています。

 

まつぼっくりだらけ。

大きな木はナンバーがつけられ管理されています。

道路を戻り、宿泊施設に向かいます。

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。