GFC淡路・住箱と播磨灘の夕暮れ(4)

宿泊施設に戻る前に、サンセットパーク五色 夕日が丘公園というところに寄りました。海辺に近いところにあるのかと思ったら、小高い場所にあって、ちょっと車でウロウロしてしまいました。小さい公園ですが見晴らしはよく、確かに夕日が沈む時はきれいかなと思いました。

これは石でできた「船だんじり」というものだそうです。

宿泊施設に到着。

後ろに見える箱のようなものが宿泊部屋です。「住箱」(すみばこ)という名前で、隈研吾氏が設計に関与しているそうです。

デッキからの眺望は素晴らしいです。

この日はとてもおだやかな海でした。瀬戸内海の播磨灘になりますので、もともと温暖な場所ではあります。

後ろはレストランのある建物。

宿泊場所は、トレイラーハウスを2つつなげたようになっていて、一つはベットと居室、一つは風呂や洗面所、トイレがあります。

スノーピーク監修。材質は合板が多く、そんなに高級感があるものでもないですが、ちょっと面白い宿泊施設です。今はこの「箱」が5つぐらいあるだけの職泊施設なので規模は小さいです。これから拡張計画はあるようですが。

ここは去年も予約していたのですが、コロナ蔓延でキャンセルした経緯があります。今も流行はおさまっていませんが、あまり人が多そうなところは行かないようにして、下見のつもりで一回行ってみようかということで来てみた場所です。とりあえず天候には恵まれて、当初の目的は達成することができました。

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。