来週の方針(1)PF 年初来安値圏に沈む

昨日はほぼ終日、確定申告関係の計算、書類作成をしていました。なんとか、完成のめどがたち、本日でほぼ書類作成は終了できるでしょう。ただ、配当分の住民税の申告不要選択の方法がわからないなー。どこかチェックすればそれでいいという形になったと聞いたのですが・・。

PFの方はほぼ年初来安値圏に沈んでおり、指数よりもさらに若干下ということで、ここからさらに下落があると昨年の上昇分のほぼ半分がなくなる形となります。

現段階では昨年末からの下落は、日本株PF+REITPFの全体で10%強という水準ですので、ありがたくはないけれど、普通によくあるレベルの下落幅にとどまっているという印象です。

売買的には、まだ大きく下落したところから買い始めるスタート地点というところまではいかず、細かく売っていた銘柄を買い戻すようなところです。

現在の状況はまだ「どうなるかわからない」というマーケットが嫌うような状況ですから、当然、ここからの一段安の可能性もあり、その時にどうするのかという想定をしておかないといけません。それがないと、単に不快感とかあわてるような感情がかきたてられるだけで冷静な対応ができませんので。

まあ、それにしても、ロシアの動向というのは、合理的でないというか普通の感覚で判断できるような範疇を超えています。わからないという意味ではイスラムのテロもそうですが。まだ虚勢を張っているように見える北朝鮮の方がわかりやすいように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。