北信濃と上越、桜とフォッサマグナの旅(9)

須坂市の臥竜公園にやって来ました。北信の地域では桜の名所の一つとしてよく知られた場所です。

池を囲むように色々な種類の桜が植えられています。池には足こぎや手こぎのボートも。

丘陵部分にはお城の跡や古墳もあるそうですが、今回、こちらは行きませんでした。

駐車場に車をとめて、池の方に向かいます。

レンギョウの黄色、葉っぱの緑、ユキヤナギの白、桜のピンク色。フェンスの向こうは動物園になっています。

松代城の桜はもうかなり散っていましたが、ここは残ってますね。

こんな感じで、池の周囲に桜があり、足こぎボートもわりと人気でした。ボートはひとつずつデザインが違います。

池の中に島がつくってあって、そこに渡る橋がかかっています。

パンダ号。この日は人出もわりと多かったです。デートの定番コース?。

池に張り出すように桜の枝が伸びいている木が多いです。そのように丁寧に手入れがされているということでしょう。

花びらが吹き寄せられてくる場所があります。もう少しすると花筏、花びらの海のようになることがあるとか。

こちらは鯨号?。

ん?、大谷翔平?。ではなくて、松坂大輔やないかーい!。現役復帰?。単にこれが古いだけ・・・。お店もやってないし・・。

前日に雨がふり、その時は一斉に花びらが散ってすごかったということです。

鯉にえさやり。えさを売ってます。あまりパンとかを勝手に投げ入れてはいけません。

大きな桜があちこちにあるようです。またゆっくり見られたらと思います。

このあと、小布施のハイウェイオアシスにいって、山菜やリンゴ、リンゴジュースなどを購入。で、そのスマートインターから上信越道に乗って上越市の水族館に向かいます。

豪快な苗名の滝とか、上越の高田城、春日山城なども行きたかったのですが、時間の関係で今回はパス。残念・・。

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。