PF保有銘柄の投資判断と追加候補(18) 2737トーメンデバイス

保有100株 時価評価59万

2737トーメンデバイス

100株放置銘柄群の一つ。サムソン系の半導体商社。昨今の半導体の需要増加、不足云々の状況もあってか、売上高が年々増加。2022.3の予想EPSは900円台だが、商社ということもあって、PER的には7倍台程度。

それでも10年チャートは下記のようになっており、万年割安状態からは株価は上昇しています。

買いコストは2,160円程度。2022.3期の配当予想は280円で、配当を含めた実質買いコストは、どうでしょう、1,500円以下でしょうか。

ここは、配当は3月一発ですが、9月には下記の優待があります。ずっと、食用油のセットをもらっていました。

①オイルバラエティギフトセット6本入り
②クオ・カード
③日本赤十字社への寄付
④オホーツクFOOD Lab ギフトセット
⑤おこめ券
100株以上 ①、②2,000円分、③2,000円分 の中から1品選択。
200株以上 ②3,000円分、③3,000円分、④5パックセット、⑤5枚(5kg相当) の中から1品選択。
500株以上 ②5,000円分、③5,000円分、④7パックセット、⑤10枚(10kg相当) の中から1品選択。
5,000株以上 ①+⑤15枚(15㎏相当)、②10,000円分、③10,000円分 の中から1品選択。

別に優待云々で買った銘柄でもないですが、なんとなく毎年優待が届くので、それが売却を思いとどまる「抑止力」的な意味があるようにも思います。

ここも特に売却する意味がないです。配当と優待を取って保有を継続するだけで、特に問題もありません。買い増しもしないですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。