7794イーディーピー 普通に調べ、普通に読み込むとグリップ力が高まる

7794イーディーピーですが、株価は一気にというほどでもないですが、なお上値追いの展開で、昨日の終値は11,270円です。

公開価格5,000円、初値8,200円ですから、そこそこの初値がついてもその後の株価がもたない傾向がある最近のIPOとしてはよく値を保っている方だと思います。

トレードでの利益を優先的に考えていると、かなり上昇比率が高く金額もそこそこの含み益の状態を、意識がそこにフォーカスしたままで保つというのはなかなか難しいものがあります。気にしているうちにどこかで利益確定に走ってしまうようなことが多いです。含み損銘柄はもう決定麻痺的に塩漬けし忘却の彼方へ葬り去ると意識の範疇から消えますが、短期の含み益銘柄の場合はそうもいきません。

短期での利益確定がそもそもの方針で目標どおりであればそれでいいわけですが、今回の場合は、それなりに丁寧に事前のレポート、目論見書、社長インタビュー、過去記事、関連内容などを調べ読み込むようなことをしていました。当選していない、セカンダリーだけ参戦するかもしれないししないかもしれないというぐらいの銘柄までこうした手間はかけられていませんが。

その中で、単純なトレードではなく、インベストメントの視点での中長期投資の対象として面白いし、大きく成長する可能性もある、というか、大きな成長の始まりのところで投資として参加できる可能性もあると考え、100株については残し、買い増しも考えようという方針を設定しました。

実際の株価がバタバタと予想以上に動く環境下においては、事前に方針や目標を設定していてもそれどおりに行動、売買できないようなこともよくありますが、今回は利益確定を優先させずにわずか100株ですが保有株を残したという点は、まあよかったかと思っています。

実際、数年のスパンで見た時にこの判断が正しかったかどうかというのはあとでわかります。公開直後だけ、高い株価での取引がされ、その後、株価はズルズルと後退、業績もついてこないというような例は山ほどあります、というか、最初にかなり高く評価された銘柄はそのような場合の方が多い印象もありますから。

ただ、事前に様々な資料を普通に調べ、普通に読み込み理解を深めておくという作業をしておくと、グリップ力は高まるように思います。逆に言うと、ここのシンプルなビジネスモデルはそうした普通の作業でも理解しやすいようなものだったと考えることもできます。

あとは早めに株式分割でもしてもらつて、細かく売買しやすくしてほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。