里帰り8年落ちアクセラVS昨年モデルのCX30

今日はアクセラの点検でした。隣県の長女のところで使っているのですが、こちらのディーラーの無料点検プランに加入しているので、今はCX30と車両入れ替えで里帰りです。

アパート駐車場のアクセラ。通常はここにCX30をおいています。

車の方は特に異常なく、エンジンオイルを交換してもらい、簡易撥水コートをしてもらってきれいになっています。消耗品はオイル以外だとエアコンのフィルターだけ交換しています。

で、久しぶりにアクセラに乗ってみると、現車CX30との比較であれこれ感じることがありますね。

・エンジンはアクセラが2.2DでCX30は1.8D、パワー感はアクセラが上

両方ともディーゼルエンジンなのですが、アクセラの方は2.2リッターエンジンを積んでいます。購入時はこれが最もハイパフォーマンスのモデルで、現在のマツダ3やCX30にも2.2ディーゼルはなかったはずです(CX5は2.2Dが主力だと思います)。やはりエンジンパワーの差は歴然で、踏んだ時のトルク感や一気の加速感などはもう8年目の車とはいえアクセラの方が上です。着座位置がCX30より低いこともあり、ついちょっと踏んでみたくなります。

逆に燃費はメーターのところに表示される数字で見ても20%以上はCX30の方がよさそうです。まあ、軽油でガソリンよりも価格が安いので、アクセラもそんなに実際に払う燃料代が高くなることはないとは思いますが。

・走りの質感はさすがにCX30

まず静粛性が違います。アクセラは、アクセラだけに乗っているとあまり感じなかったですが、やはり相対的に静粛性が低くて車外の音などがはいってきます。以前にグッドイヤーのタイヤをはいていた時はやたらとロードノイズが大きかったですが、今はブリヂストンの比較的静粛性が高いタイヤにしています。それでもCX30よりはかなりうるさい感じがしました。

また、加速時のスムーズさ、スーッと軽快に速度があがっていく感じがCX30にはあって、ここらあたりはジェントルな印象があります。穏やかでかつ上質ということです。ハンドリング、コーナリングも気持ちよく安定してスッと曲がっていくのはCX30の方。アクセラはなにかシンプルなダイレクト感がある操舵感です。これは相対的な印象ということですが。

・シート

アクセラは8年目ということもあって、ちょっと腰のところが沈み込むような感じがあります。かなりへたってきているということでしょうか。CX30の方が張りがあってしっかりした感じで快適です。これはしょうがないところかな。

そんなにクラスの違わない車であれば全体として新しい車の方がいいのは当然のことです。が、8年落ちで走行距離は7万キロ弱程度ですが、アクセラも長距離の運転も含めて十分現役で活躍してくれるとは思います。今回で点検無料プランの期間が終了するので、これからは点検で里帰りということはなくなりますが、たまにはハイパワーのアクセラにも乗りたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。