初夏の信州 白馬・戸隠へ(10)

初夏の信州 白馬・戸隠へ(10)

背が高いです。
戸隠は平安時代以来の修験道の聖地ですが、こうした環境が整備されたのは江戸時代初期以来で
杉もそれぐらいたったものが多いようです。

大きな木があると、すぐしめ縄とか張ったりして、それが神様の依代になったりします。
木でも、水でも、石でも、なんでもそうですね。

九頭龍社です。

社務所から奥社。背後はノコギリ状の尾根です。

ここから先はきつい登山道になりますので、行くのは無理です・・・。
行ってみたいけど。

下りは楽です。ちょっとした傾斜でも登りはしんどいと・・・。

随神門のところまで戻ります。

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です