暗幕のゲルニカ

暗幕のゲルニカ
クリエーター情報なし
新潮社

図書館本。

ピカソの「ゲルニカ」と関わっての物語。

著者の思いや願いを、ピカソや彼をとりまく人たちの姿にたくしてまっすぐに書かれた物語という印象。

少々暑苦しくもありますが、色々なことを考える契機にもなります。

力作。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です