蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷
クリエーター情報なし
幻冬舎

図書館本。小説はあまり読まないのですが。

いやー、これはなかなかヘビー級でインパクト強いなぁ。

ピアノコンテストの最初から最後までを、独特の個性を持つ何人かのコンテスト参加者を通して
描いた作品なのですが、まあ、音楽、ビアの演奏についての文章の表現が独特。

ピアノとかクラッシックの楽曲についてさっぱりわかっていない自分にとってはイメージするの
がなかなか難しいところも多数。

しかし、ラストに向かって一気に突っ走る感じの疾走感みたいなのはなかなかよかったです。

これ、映画化とかは難しいんだろうなー。下手にすると、もう原作のよさが台無しになりそう。
独自の解釈も含めて、うまく映像化されたら見たいと思いますが。

高島明石という相対的に「普通」のキャラクターの人が出て来るのですが、なんとなく佐々木蔵之介
のイメージで読んでいました。他は直接、だれか配役をあてはめてという感じにはならなかったで
すが・・・。

まあ、小説としてのインパクトは、それぞれ全然違いますが、「暗幕のゲルニカ」「鹿の王」
「レディ・ジョーカー」と並ぶ感じでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です