山陰 砂とブナと古刹 古刹・鰐淵寺編(2)

山陰 砂とブナと古刹 古刹・鰐淵寺編(2)

ここからは鰐淵寺の圧倒的な青もみじの写真です。

ここの境内の木々は、一本一本の背が高く、かつ、幅広く、枝葉を広げているのが特徴です。

その結果、枝や葉が重なり合う感じになり、また、木々の下にできる空間も広く高いものになります。

うーん、これは紅葉の時期にも来てみたいなー。11月下旬ごろが通常の紅葉の最盛期らしいですが。

ただ、木々の生命の躍動力のようなものを感じるのは、この青もみじの時期です。

次回も青もみじ写真で。

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です