湯の山温泉へ 7/4-5(1)

湯の山温泉へ 7/4-5(1)

今日は久しぶりに晴れ間が見えます。なんかホッとしますね。近所は、とりあえず水害の方も大丈夫そうです。やれやれ・・・。

さて、4日-5日の旅行の方ですが、10時頃に自宅を出発し、京滋バイバスから名神、新名神へ。

天候は小雨模様。

時間があるので草津のSAに入り、次は新名神の甲南PAへ。

ここは伊賀・甲賀で知られる忍者の里。甲賀の方ね。

で、こんな展示がしてあったりします。うーん、仕事をしている時だったら、この衣装、ちょっと欲しかったかも。

さらに進んで、亀山からは東名阪自動車道へ。

自宅から、愛知県や静岡方面、さらに東に行く場合は、関ヶ原などを通る従来の名神よりも、新名神からこの東名阪というルートの方が近く、カーナビもこのルートを案内します。これまで数回通ったことあり。
今年の夏もまた富士山方面へ行く予定なので、また通ることになるでしょう。

今、新名神延伸の工事が行われています。なにか、亀山から四日市あたりはよく渋滞する箇所りようなのですが、これが完成するとさらに便利になるかと思います。

さて、四日市で高速をおります。高速料金は2500円程度、往復で5000円程度ということで、これは宿泊料金よりもずっと高いです。で、R477湯の山街道に入ります。

昼食は菰野町(こものちょう)の茶茶というお店へ。とろろ飯やとろろ蕎麦も用意する自然薯料理専門店て゜、このあたりでは有名なお店らしく、規模もかなり大きいです。
http://cha2.co.jp/

自然薯のとろろが大きな器にたっぷりはいっています。くどい感じではなく、食べやすく味付けされています。いやー、これはかなり満腹。注文はセットでなくてもよいと思います。

とりあえず、宿泊場所の確認ということで477をさらに先へ。宿泊施設は国道からちょっとはいったところですぐにわかりました。湯の山温泉の中心地の手前です。

時間があるので、車で湯の山温泉の中心地の方へ行ってみます。

御在所岳へのロープーウェイもあって、好天ならば乗ろうと思っていたのですが、なんと、点検中で運休でした。まあ、山は雲がかかり、小雨模様で、運転していたとしてもパスでしたが。

で、この温泉地ですが、うーん、台風が近づく平日の午後という状況ではあるのだけれど、ほとんど人影を見かけません。いくつか大きめの旅館などはありますが、廃業した旅館の施設がそのままゴースト化しているようなところもあり、なんか
寂しい雰囲気。

かつては僧兵が大きな勢力を誇ったという三嶽寺というお寺があるようですが、所在がよくわからずスルー。まだ15時の施設チェックインには時間があるので、少し道を戻って、椿大神社という神社へ行ってみることにしました。

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です