続報:入っていてはいけないものが・・・ ナック優待 「お知らせ」のリターン

続報:入っていてはいけないものが・・・ ナック優待 「お知らせ」のリターン

調査結果等の報告はまだないです。

お詫び優待着+追加品ですが、これはオークションで売却予定です。
多分、追加品も含めて4,000→5,000円程度にはなるでしょう。

今回は、別に怪我をしたとか、特に怖い思いをしたとかそういうことではなく、
実害は全くない事象でしたが、優待品の箱の中にマチ針が混入しているというのは明らか
におかしな、不適切なことではありますので、それを「お知らせ」してあげるのは
基本的には企業にとってはありがたいことだと思います。

こういうのは場合によては、なにかの嫌がらせとか恨みとか意図的なことの可能性も
あり、単に一つのケースだけではない場合もありえますしね。

まあ、あんまりクレーマー的に文句を言うのはどうかと思いますが(但し、具体的な
被害があった場合等は、その記録や証拠保全は重要)、まあ、企業の方に連絡すれば
(ネットで検索すれば企業HPが見つかり、メールアドレスやフォーム送信ができる
ようになっている場合があり、その場合は直接、電話等をしなくても大丈夫)、
実際に企業の場合に非がある場合は今回程度の「お詫び」品が送られてくるというのは
常識的に考えてありうるというか、普通の対応だろうと思います。

そうそう「相手に非がある」ということだと、もう25年以上前ですが、住んでいたマンション
に大家を相手に、簡易裁判所での調停から、自分で訴状を書いての訴訟をしたことがありました。
裁判所の和解勧告により敷金半額程度の返還で了承しておきましたが(大家はまったく納得は
いってなかった模様であとでわけのわからない行動に出たりしました)、手間や費用も勘案して
ということにはなりますが、おかしいと思ったら、やはり、それに対応した行動をとると
いうことは、一般論的には、重要かと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です