意味があるのか?SBIネオモバイル証券

意味があるのか?SBIネオモバイル証券

Tポイントでの少額投資とかができるということですが、
これは個人的にはあまり意味を感じないです。

単元未満株の売買というのは、単元株では金額が大きくなりすぎる値がさ株の分割売買
などで意味があります。

ただ、いつ使うかはわからず、頻度は低いです。

SBIネオモバイル証券は以下のコストがかかります。

「SBIネオモバイル証券のご利用にあたっては、株式取引の取引手数料は無料ですが、
お取引の有無に係わらず、サービス利用料(月額)がかかります。
サービス利用料(月額)は月間の株式取引約定代金により計算し、0円~50万円以下:216円、
50万円超~300万円以下:1,080円、300万超~500万以下:3,240円、500万円超~1000万以下:
5,400円。以後、100万円ごとに1,080円が加算されます。(上限なし)(すべて税込)」

少額ですが、使わなくても細かいコストがかかります。

で、Tポイント付与というのがあるようなのですが、これが

「※付与するポイントは、期間固定Tポイントです。当社以外では利用できません。また、
サービス利用料にも使用できません。有効期限がありますのでご注意ください。」

ということで、使い勝手の悪い期間限定ポイントだったりしますし。

まあ、少額で可能な投資の入り口としては、これもありかなと思いますが、
個人的には現状での口座開設は意味があまりないと思います。

単元未満株についてはマネックスを利用しています。
ここは、前引けまでに注文を出せば、あまりタイムラグがなく後場の寄りで約定するのが気に
入っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です