日本株-7 REIT+3

日本株-7 REIT+3

指数はプラスですが、PFはマイナス。

今日のマイナスの現況はキーエンス。決算発表を受けて下落しています。キーエンスのみで-20万弱でした。

キーエンスですが、いや、日経の記事を見ただけですが、しっかりした決算だと思いますがねぇ・・・。まあ、日経の見出しとか記事の書き方にも当然、見方というか価値判断も含まれていますから、そこらあたりも含めて厳密に見ないといけないのでしょうが、この状況で中国でも伸ばしているというか落ち込んでいないのは独自の強みがあるからだと思いますが。

マーケット的にはとりあえずそんなことも織り込み済みで、もうちょっと期待していたということでしょうか。ここらは微妙・・・。

他では東宝が引き続き強く、年初来高値を更新しています。まあ、コナン、ドラえもん等強いコンテンツが多いですね。

明日は日興のステージアップを目指して、下記の適用をします。6月には、5月も同様の対応をすれば、ゴールドの
ステージ適用になると思われます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
IPO優遇特典ステージの判定は、月末建玉金額の直近3ヶ月平均値を判定基準とする。

・各月末の「約定日」基準で建玉金額を判定している。

・今月であれば、日興イージートレード「信用取引 – 建玉一覧(返済・現引・現渡) -」
画面の4月26日(金)の建玉金額合計(※)が判定基準となる。
(※) 月末最終営業日の値洗い後(17時頃)の金額を基準とする。

・4月26日(金)の時点で建玉を行い、当日中に建玉は決済せずにそのままポジションを持てば、
月末残高となる。

・金利の計算は、新規建玉受渡日から建玉決済約定日の受渡日までの両端入れで計算する。
・仮に4/26に新規建をした場合の受渡日→5/9
10連休明けの5/7に建玉決済をした場合の受渡日→5/10
となり、2日分の金利が発生する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です