万博公園・太陽の塔へ(2)

万博公園・太陽の塔へ(2)

周囲は広い公園になっています。

奥の方にはは日本庭園がありますが、各パビリオンなどがあったところも、桜の木があったり、
チューリップが咲いていたりして、きれいな公園となっています。

桜はさすがにもう花は終わりですが、チューリップがたくさん咲いていました。

チューリップといえばなんですか?。
そりゃ、投資家としては、やはり「バブル」でしょう。

17世紀のオランダ、チューリップの球根が異常なまでに高騰し、そして暴落したというあれね。

それはおいといて、公園のチューリップはこんな感じでした。

あ、その前に、これは太陽の塔の背面。

ということで、もっていったパンの昼食を外で食べて帰ってきました。

今度は同じ場所の奥の方にある国立民族学博物館に行こうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です