お金を話そう。

お金を話そう。

図書館本。

ひふみ投信の藤野英人さんが、お金や投資の本質について、易しい言葉で、読者と一緒に考える姿勢で書いた一冊。

お金や投資について頭の中を整理してみるのはよいかなと思います。

本書で書かれている内容の多くはすでに自分でそれなりに考えてきました。

お金は「手段」であり「道具」。「目的」ではない。
「目的」は、相応に安心して、豊かで、楽しく生活していけること。

お金について語ることは別に恥ずかしいことではない。

同時に、お金の多い、少ない自体は別に自慢したり、恥ずかしく思ったりすることでもない。

なので、ここでは、利益も損失も、あったことをそのまま、何を考えてどうしたかを書くようにしています。

それが読む側にとって場合によって多少なりとも参考になることもあると思うので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です