株式投資で考えてきたこと(8)伏見の光の大損失 ワースト2

株式投資で考えてきたこと(8)伏見の光の大損失 ワースト2

これも以前に書いていると思いますが、個別銘柄への投資でのワースト2は7580フーズネット。

金額的には130万弱です。

ここは株価4桁からの唐突な破綻でした。

経緯は以下に記載があります。

倒産した上場企業データ
http://ban.corpblog.jp/archives/6840901.html

地元の回転寿司を中心とした会社でしたが、まあ、金融機関からの支援がなかったということが大きかったのでしょう。
ちょっとこれをあらかじめ推察するのは無理とも言えます。

が、そもそも投資対象としたのが、ここは食事券の優待がわりとよかったのです。
なので、優待と配当もらって放置しておけばいいかという安易な理由で投資対象として選定しました。

普通の指標を見れば、成長性が高いわけでもなく、特別に割安感があるわけでもなく、大証二部で出来高も些少でした。

ここについても、まあ、いわゆる「教訓もあるよね」(←ふしぎの国のアリスより)銘柄になりました。
まともな投資対象をどう選定するかという意味でここの損失の教訓は生かしていっているつもりではあります。

なお、にぎり長次郎などの寿司屋さんは、現在も同じ社名で営業を継続しています。
ここは一時的にはオリックスの支援なども受けていました。回転寿司系の中ではにぎり長次郎は「高級」系で、そこそこおいしいのですが、店を見るたびにちょっと複雑な気持ちになりますね・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です