8876リログループ IRに聞いてみた&6232自律制御システム研究所 4,960円 100株 売

8876リログループ IRに聞いてみた&6232自律制御システム研究所 4,960円 100株 売

8876リログループ

主力の8876リログループ、現在は2,100株保有となっています。
決算は予想どおりに堅調なものでしたが、予想通りだと、そこからさらに買われにくいということか、株価はやや軟調な展開です。

目先的な値動きで100株の買ったり売ったりという動きはしますが、1,000株+1,000株は保有を継続します。

質問内容

このところちょっと新しい動きもあったので、メールでIRの方に聞いてみました。以下、質問内容の趣旨です。

1.BGRS社について ←ここは子会社化した海外の企業です
事業の具体的内容と、主にビジネスを展開している地域。子会社化することになる具体的メリットやシナジー効果等はどういうことを想定しているのか。

2.中期経営計画「第三次オリンピック作戦」についての資料等の開示は?

3.方向性としては海外での事業の比率を高めていこうということか。その目標の割合等は?。海外の重点地域や拡大していたきた事業領域は?。

4.2020年3月期の連結業績予想(2019年4月1日~2020年3月31日)はBGRS社子会社化に伴う業績の変化分も含んだものか?。
BGRS社で200億ほど売上があったと思いますが、この分は含まず、後日、予想の修正があるということ?。

5.株主優待の冊子等をいつも送ってもらっていますが、さっぱり活用できておりません。
株主優待の利用状況、活用状況等は?ガイド的なものは?。

回答趣旨(返信内容そのままではないです)

1.BGRSはグローバル企業を中心とした顧客基盤を持つリロケーションカンパニー。海外赴任支援のみならず、海外駐在員処遇に関するコンサルティングから、海外駐在員に対して日用品の輸送等の生活に係る継続的な物流支援まで、包括的なサービスを提供している。当社グループは日本から海外への赴任、海外から日本への帰任を主としてサポートしているが、今後、日本企業のグローバル展開が進む中、世界中で人の移動をサポートできる体制を構築していきたいと考えている。

世界8か国に14拠点を持ち、フォーチュン500に入る多数のグローバル企業との取引を行っているBGRSがグループ入りすることで、その拠点を活かし当社の顧客である日本企業を全世界でサポートすることが可能になることを期待している。

2-4
経営計画の見直しを行っている。中期経営計画「第三次オリンピック作戦」は今月中に開示を予定。

5.2018年6月送付のサービスガイド(A4の冊子)P97~P110に「club off text book クラブオフの教科書」というご案内を掲載している。

(回答趣旨ここまで)

説明会でもネットでも質問してみたらいい

M&Aは国内の不動産管理関係の会社ですすめていくと思っていたので、海外事業関連で海外の会社の子会社化というのは意外感がありました。
まだこれを含めた具体的な経営計画等は示されていません。今後の具体化と中長期的な業績への貢献を期待しておきます。

IR説明会での質問も、直接サイトからの質問も、わからないことや知りたいことなどがあれば、あれこれ聞いてみたらいいと思います。所詮は直接の会社内部の関係者ではない株主、投資家という立場ですので、そんなに専門的で詳しいことまで知っていたり踏み込めたりすることはなかなか難しいでしょう。それで普通ですから、別に、こんなこと聞いていいのかとか、恥ずかしいとか思わなくていいと思いますよ。というか、私は臆面もなくあれこれ聞くようになりました^^;。

6232自律制御システム研究所

自立制御システム研究所の方は、寄りの4,960円でとりあえず売却し、でかけたこともあって、その後の買い戻し注文はせず。

今日の終値は4,645円と下落しているので、目先は売却で正解です。

ここのところの売買は、いずれも100株で、5,270円売→5,110円買→5,210円売→4.835円買→4,960円売となっていて、株価の動きについていく形での売買になっています。100株「ただ株」にはほど遠いですが、値動きに合わせて細かく売買しながら、買いコストを下げて中長期で保有するというのは、形としてはわりとよくあります。様子を見て、また明日は買い戻すかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です