今年の日本株損益 +500万程度に回復

今年の日本株損益 +500万程度に回復

本日のPF

日本株ポートフォリオは+49 REIT-1で、昨年末来のパフォーマンスは下記のとおり、およそ+500万程度に回復してきました。
今年の最高値まではまだ80万以上ありますが、6/4には+350万程度まで落ち込んでいましたので、そこからは急回復の形です。

保有銘柄の中ではキーエンスが4%を超える上昇で、パフォーマンスに貢献しました。

3804はステムディ 上方修正でストップ高

業績上方修正の3804システムディはストップ高です。
リリースはこちら。

売上高の伸びよりも利益の伸びの方が大きいです。

「期初に掲げた高効率ビジネスを具体化すべく、パッケージソフトの高品質化をはかり、ストックビジネスを推進した結果」という文言があります。

これは以前から言われていますが、小規模なところはクラウドを活用し、大規模事業体はカスタムメイドで対応するような区分けをはっきりし、前者はストック型ビジネスとして低コストで利益率が高い形をめざしているということかな。

まあ、ソフトは特定の分野で非常に強いところがあり、さらに伸びる余地もあるようですから、ここからも着実な成長が期待できるかと思います。IRセミナーがまたあるので、具体的にあれこれ聞いてみましょうかね。

IPOヤシマキザイ ブック完了

普通にネット証券で全社ブックです。それはいいのですが、判断がつきがたいのがSansanです・・・。欲しいのは7068フィードフォース。支店で配分してくれんかなー。くれませんね^^;。だって、支店に利益貢献してませんから。だったらチャンス当選で勘弁しといたろーというところですが、これもなんか当たらないよねー。

本日からeo光

午後に工事とサポートの人が来て、今日から自宅のFTTHはeo光になりました。

速度はKCNとそんなに変わらない感じです。ただ、キャンペーンとか当初割引とかで、2年間で数万円(5万以下)は節約にはなったかなと思います。

—— BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ——
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/ Ver5.6001
測定日時: 2019/06/10 14:46:24
回線/ISP/地域:
————————————————–
1.NTTPC(WebARENA)1: 64.59Mbps (8.07MB/sec)
2.NTTPC(WebARENA)2: 38.75Mbps (4.84MB/sec)
推定転送速度: 64.59Mbps (8.07MB/sec)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です