IPO4931新日本製薬 初値予想とセカンダリー判断

IPO4931新日本製薬 初値予想とセカンダリー判断

ポートフォリオの方は-40万程度とリログループの下落が響いてしょぼいです・・・。

IPO、本日のヤシマキザイはそこそこ堅く寄った後はダルい展開でした。まあ、あまり積極的に評価できるポイントがない印象でしたが・・・。

ということで、明日は新日本製薬とあさくまですね。

新日本製薬はみずほから100株来ています。ちょっと見てみると・・・。

プラス材料

・「製薬」の名前がついているが、基礎化粧品ブランド「パーフェクトワン」が主力で、既に通販で一定の知名度、ブランドイメージが確立している模様。
(私自身はまったく知らんし、わかりませんが・・・)
相応にブランドを確立した化粧品事業は堅実な商売で悪くない。
売上、利益とも、大幅ではないが着実に増加。マザーズだが、既に配当もあり一定、成熟した企業として評価できそう。
株主優待の設定も期待できる。
・2019.9の予想EPS110円に対して、公開価格の1,470円はPER13.4倍程度で、化粧品関係の会社としては割高感はない。というか、やや割安感あり。
・VCなどいきなりドカドカとまとめて売ってくる株主はない。需給的に極端な不安要因なし

マイナス材料

・マーケット全体の地合いがよいとは言いかねる。なんとなくの不安感あり。
・株数が多い。公開株数 5,600,000株。いきなりの初値高騰は最初から期待できず。
・特に事業そのものに新規性があるわけでもなく、成長性が非常に高いとは言い難い。といって、配当利回りが非常に高かったりするわけでもない。
・他に同日上場銘柄がある。

といったところでしょうか。

初値予想

公開価格1,470円に対して1,650円。予想PER15倍。まあ、そこそこ堅くはあるかなという印象です。

セカンダリー判断

上記の初値という前提で、一回押すところがあったら、ちょっと買ってみてもいいかな・・。

最近、初値買いのセカンダリーはスルーしてばかりで、ちょっと自信も気合いもない状態。

個人的売買としては、利益があればそれでよしというところで、できれば初値よりもちょっと上で利益を確定したい。

ちなみに、去年の今頃、みずほ証券はトラブルがありました。まさか今年はそんなことはないでしょうね・・・。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です