6641日新電機 IRセミナー(1)こんなのいただきました ただ、話が堅すぎ・・・

6641日新電機 IRセミナー(1)こんなのいただきました ただ、話が堅すぎ・・・

今日は日新電機のIRセミナーに行ってきました。

こんな会社

ここは住友電工傘下の電力機器メーカーです。電力事業関係の機器や太陽光発電のパワコン、そしてFPDや半導体製造関連のイオン注入装置などをてがけています。

株価はこちら。まあ、日経平均に合わせて戻り基調というところです。

会社サイト。

You Tube動画。

 

こんなのいただきました

用意していただいて封筒には資料とともにこんなグッズが入っていました。
これはうちわのようにして使えるもので、コンパクトにたたむことができ、バッグに入れても邪魔になりません。扇子がわりにもなります。
これは初めて見ました。小物グッズとしてはなかなかいいかと思います。

たたむとこうなります。

プレゼン 話が堅すぎ・・・

グッズはいいのですが、肝心の話の内容についてはどうだったか?。

会社サイトにこの資料が載ってますが、ほぼこれに沿った話でした。←上記You Tube動画の時のもの。

これねー、資料は機関投資家アナリストを対象とした説明会と同じなのですよ。

いや、別に一緒だったら絶対ダメとかいうことはないのですが、そもそも企業の事業内容は一般消費者向けの商品を販売しているわけではなくて、製品そのものを目にする機会というのはほとんどないです。変電所なんかにはあるのかもしれないけど、見てもわからんしね。
ここは個人投資家向け説明会のねらいや意図をどう考えるかということにもよるのですが、事業内容をもっとわかりやすく説明することに注力した方がいいと思います。そのためには個人投資家対象の説明会の場合、もっと大胆に資料を違うもの、わかりやすいものにした方がいいのではないかなと思います。

スピーカーのキャラクターという部分も合わせて、今回のプレゼンは生真面目だけれど、全般に堅すぎて、必ずしもわかりやすいものとは言えないし、おもろしさ、楽しさにも乏しいものになっているという印象でした。

ただ、あまりに話が雑駁になりすぎて、結局、投資家対象の説明会としてなにを伝えたいのかがよくわからないようなもの(←上新電機のIRセミナーがこれでした)と比較すれば、今回の方がずっとよかったですが^^;。

例えばこんなのはどうでしょう

例えば、どう話を展開するのがいいか?。

つかみの部分。

まず、スマホを出します、スマホを分解します、液晶の画面のみをアップに、その製造過程のイラストかなにか、で、日新電機のFPD製造用のイオン注入装置を出して、→「これがなければスマホができない!市場シェア100%!」。

重電関係は、電気の通り道を示して、「ここ」「ここ」「ここ」で使われているのが日新電機の機器!みたいなのはどうかな。

次回、内容について書きます。注目発言あり!。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


株式長期投資ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です