2471エスプール IRセミナー本番 HOLDというかSTORONG BUYというか

2471エスプール IRセミナー本番 HOLDというかSTORONG BUYというか

今日はエスプールのIRセミナーでした。ただ、今日のマーケットは大きく下落しPFは-70万。これは今年では最大の値下がり幅です(3/25とほぼ並ぶ)。

亡くなられた方のご冥福と怪我等の方の回復をお祈りします

それはまあしょうがないのですが、今日の放火による火災・・・。京都アニメの現場は自宅から次の次の駅、よく行っていた大和ハウスの住宅展示場のすぐ近くでした。帰り、電車から現場がちょっと見えましたが、ひどい状態でした。

ちょっと言葉がないです。亡くなられた方のご冥福と怪我等の方の回復をお祈りします。

焦点をしぼったプレゼン

IRセミナーの方、浦上社長のお話ですが、相変わらず、話がうまいです。かつ、プレゼンとしての組み立ても、焦点、ねらいを絞った話をされている点がよいです。

だらだらっと会社の概要全般について語るのではなく、ESG投資とか障がい者就労支援とか、そうした一般に人にアピールしやすい部分の焦点をあてて、会社の紹介をしていました。意外とだらだらした話で終わってしまい、話の焦点がわかりづらいプレゼンも多い中で、この割り切り方はなかなかよいかと思います。

個人的には、それだけだとちょっと面白くないのですが、私の場合はアナリストミーティングにでも入れてもらった方が有意義かなという感じがしました。

質問

それでも、人材アウトソーシングと障がい者就労支援の部分について聞いてみましたが、「株主の方なので、ちょっと他の方には質問の意味がわからなかったかもしれませんが・・・」との前置きでの回答。

人材アウトソーシングの部分、しばらくは伸びが続くだろうとのこと。強みとして離職率の低さをあげておられました。

障がい者就労支援の方は、農園以外の新しい形への展開はまだ少し先だろう(1年後?)という回答でした。とりあえず、目先の農園開設の方で非常に忙しいとも。

どこかで鈍化する人材アウトソーシングと中長期で有望な障がい者就労支援

私自身は、人材アウトソーシングのコールセンターとか販売支援の方は、どこかの時点で成長が鈍化し、それは意外に早いこともありうるのではないかと思いました。

それに対して、障がい者就労支援はビジネスモデルが優れており、かなり長期にわたり着実にストック型のビジネスとして安定的な成長を継続し、企業の利益を下支えすることになると考えています。それゆえ、あまり先を急がず、しっかり足元を固めながら進んでほしいという気がします。人材の採用、育成といったことを重視し、志のあるリーダー的な立場の人を育ててほしいですね。

ここの利益水準をイメージすることが適正な株価をどの程度と考えるかの評価にもつながると思います。

例えばこんなリスク

この「農園」での現場での仕事は、障がいをもった人と直接接点がある仕事であり、そうした場でのコミュニケーション不足、行き違いや誤解等々から、コンプライアンス上の、あるいは人権と関わるような問題が生じるようなことがあると、例えそれが誤解によるものだったり、事実と違うことだったりしても、なにかの形で報道されたり、ネットに不適切な状況に見えるようなことが晒されたりすると企業として大きなダメージを受ける場合もあります。

こうした点には十分に留意をし、現場での様々な問題については、事例を蓄積し、ノウハウを共有するようなシステムをつくり、きちんとそれを稼働させることが重要かと思います。

人材採用等

人材の採用については、新卒などだけではなく、福祉の現場などで経験や知識のある人を積極的に採用するような形もどんどんしてほしいです。
多くの福祉の現場は、介護の現場などもですが、労働条件はなかなか厳しいです。また、国や地方公共団体の様々な制度とか支援に頼る部分が大きく、制度の改変が雇用にも大きく影響したりすることがあります。

社長もちょっと関連するようなことを言われてたように思いましたが、福祉の現場にいた人は、あまり「利益、利潤、効率」といったことに無頓着であったり、むしろ、そうした発想を嫌うような場合もあったりします。
ここは上場企業の正規社員として採用する場合は、利益、利潤をきちんとあげながら企業として成長を継続していくことそのものが、障がい者の就労の場を保障し広げることにつながるのだという、発想の転換なり、理解の仕方をしなおしてもらうようなところは必要かもしれません。労働条件としては一部上場企業として相応のものを用意してほしいところです。

こうしたことと関わる研修的な部分も含めて、また、農園以外の形態への展開、ドミナント的に「農園」の開設をすすめる地域の新規設定など、幅広い視点で着実に事業の拡充を図っていただきたいと思います。無限ではないでしょうが拡大の余地は非常に大きいと思います。

業績は通期で上方修正の可能性大

半期決算のところでは通期の業績予想はそのままでしたが、ここは早晩、上方修正となる可能性が高いと思われます。

東証一部上場は当然クリアされますし、時価総額250億であればこの水準も十分にクリアできますので、プレミア市場も有力でしょう。

投資判断

現在の保有は300株で、これはこれまでの売買により既に「ただ株」、買いコストはマイナスであり、保有株分はすべて利益ということになっています。

まあ、この程度の株数はとりあえずはHOLDで、機会を見て買い増しもちょっと検討します。

ということで、基本はHOLD、そして中長期ではSATORONG BUYとしたいですが、こうした企業は既に相応に高評価である場合が多く、ここも予想PERは50倍程度となっています。で、どの程度のPERが適当なのかという判断は難しいです。

とりあえず株価をウォッチする銘柄にしておいて、市場全体の下落に合わせて株価が下落したら、上方修正がある前に買ってみてもいいかと思います。

短期的な売買判断は、分売があってから下落したりしていますし、なかなか難しいですね。

おみやげ

おみやげにこんなのをもらいました。前回ももらったような・・・。鶴屋吉信というのは京都の和菓子屋さんです。どら焼きみたいなものですが、ちゃんとエスプールの焼印がはいってます。ありがとうございました。おいしくいただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です