IRセミナー 3416ピクスタ 明快さと可能性を買う(1)

IRセミナー 3416ピクスタ 明快さと可能性を買う(1)

先週、木曜と金曜の5社のIRセミナーのうち、最も面白いと思ったのがここです。

ピクスタのサイトはこちら。

会社関係はこちら。

まず最初に文句から(「貴重なご意見」ともいう)。

「ピクスタ」で検索すると上のサイトが出ます。

これが事業内容なので、それはいいのですが、上のサイトのトップページからは、企業情報のサイトがいったいどこなのかがすぐにはわかりません。

サイトマップを開くて、「規約・運営・その他」というカテゴリーの中に「会社概要」というところがあり、そこをクリックするとIR情報なども出てきます。

このサイトの構成はよくありません。

少なくともピクスタのサイトの、どこか右上かなにかすぐわかるところには会社情報へアクセスできるボタンかなにかが設定されていて、すぐに会社のサイト、情報にたどり着けるようにするべきです。

会社情報は「規約・運営・その他」というカテゴリーの中に「会社概要」として位置づけるようなものではなく、サイトの構成上は、事業のサイトと並列で示しておく必要があるものだと思います。

「ピクスタ株式会社」で検索すれば即座に会社のサイトが出ますが、株式投資関係で検索する場合であっても、「ピクスタ」だけで検索する場合の方が多いと思われ、そうなると、ん?、どこの会社情報やIR情報があるかすぐわからず戸惑います。というか、戸惑いました。

株の方は今日、100株買ってみたので、株主からの要望として^^;、ピクスタのサイトに会社サイトへのリンクかボタンかなにかをわかりやすく設定をお願いしておきます。
ピクスタの方にもどこか「東証マザーズ上場」の一言ぐらいあってもいいかなとも思います。

まず、ここに注目したのは ベースのビジネスモデルが単純明快なこと。

なにかというと、

ネットで写真を売る。

以上!。

ここから派生して、

・カメラマンを派遣して外で写真を撮る。

とか

・SNSでの宣伝に適した写真等の素材を売る。

とか

・日本国内だけでなくアジアに展開する。

とか色々展開はあるわけですが、ベースの出発点はネットで写真を売るということ。

あと、売るのは写真だけでなく、デジタル素材ならいいわけで、イラストとか動画とか音楽とかもあるようですが、これも数、質、量としてはやはり現状は写真が中心なのかなという印象でした。

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です