オークション 低調 基本的にパイプラインが枯渇ぎみ

オークション 低調 基本的にパイプラインが枯渇ぎみ

オークションの方ですが、今年の状況は下記のようになっています。

左から年月、落札金額合計、落札数 右側の2つは今年の分のみで、9月ここまでの集計。

今年の落札数は350弱、落札額は41万弱で、月間の落札額は4.5万程度です。

最下段は集計開始の2012.04依頼の集計で、落札額合計は756万ほど、落札数は7,800となっています。

売っているのは、実家にあった書籍、株主優待関係、バザーでの仕入れ品などですが、ここ数年はずっと実家の書籍等が多くありその出品が継続できていたのですが、既にそれはほぼ終了し現在出品しているのは売れ残っているものが多いです。バザーの仕入れ品も、これから増加するかもしれませんが、そんなに数はありません。株主優待関係は着実にリターンにはなっていますが、全体としては出品のパイプラインが枯渇ぎみで、あまり出品が増えてこないというのが現状です。

 

これも、既に日常のルーティーンの活動になつてますので、別にそんなに苦になったりすることはなく、入札がないかオークションをのぞいてみるのは楽しみになっています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です