投資される経営 売買(うりかい)される経営 (1)

図書館本。

みさき投資株式会社の中神氏の著作。

本書は投資家目線での投資指南本ではなくて、経営者の側からの視点を主にし、どうしたら短期的に「売買される」りではなく、長期的に「投資される」経営になるかについて、コンサル的な視点から解説しています。

まあ、これを逆に投資家視点から考えれば、どういう企業が長期的な投資対象として適しているかを選別することにつながります。

まだ3章ぐらいまでしか読めていないですが、書かれていることは実にごもっともかと思います。

第一章では投資家の分類について書いていますが、実際の個人投資家には様々な側面があり、画一的にタイプを分類することはできにくいと思います。

自分自身、秒単位のスキャルピングの売買もすれば、同時に中長期のポートフォリオ運用もしているわけですから。力点のおきかたという意味では後者ですが、この後者の部分というのは日々の動きはほとんどなく、逆にサブ、サテライト時な短期売買の方が売買が頻回になますから、表には見えやすいですね。

つづく。

10/2までに返却しないといけないので、とっとと読んでしまわないといけません。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です