テレビの国から/倉本聰

テレビの国から/倉本聰

結局のところ、倉本聰さんのテレビじラマは結構見ている。

「北の国から」はもちろんのこと、古くは「前略おふくろ様」、現在は「やすらぎの郷」「やすらぎの刻~道」。

思いが強い分、うるさそうなおじさんという印象。

しかし、もう85歳ぐらいなのに、現役として脚本を書いているのがすごい。「やすらぎの郷」「やすらぎの刻~道はちょっと反則と思えるほどいろんな役者さんが出てきて、いろんな話がちりばめられます。これは録画して、適宜、あいた時間に見ています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です