ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー

図書館本。書店では平積みされていて人気の本のようですが、ようやく予約の順番がまわってきました。

話し言葉のように書かれているのでとても読みやすく、すぐに一気に読めてしまいました。

日本でいえば中学生くらいの男の子と著者である母ちゃんのお話ですが、読後の第一印象は「いい息子やん」でした。

で「まあ、色々あるけど、その時々で自分で考えて進むしかないよね。」ということ。

自分自身はこんなに自分の子どもらとは話していないですね。

なんか西原理恵子さんの作品を連想してしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です